キミトの年譜/歩み

NPOキミトについて

NPOアートで社会問題を解決する会キミト」(略「NPOキミト」)は、単独親権の日本特有の深刻なDV被害である「実子誘拐問題」の解決を目指す特定非営利活動法人です。

 

背景

国際的に非難されている「実子誘拐問題」に、日本の政治は取り組まず、被害者たちの中には自らの命を絶つ者も少なくありません。

NPOキミトは、政治に代わり、被害者の自殺防止対策をしながら彼らが社会的弱者で救済されるべき人たちであることを社会に認めてもらい協力を得ながら国民の手で「実子誘拐問題」の解消に取り組むことにしました。

 

20228月下旬

偶然の出会い

代表の森めぐみが1日約60人が自殺する日本の悲しい現状をなんとかしたいと考えていた際にたまたまTwitterで「共同親権を求める子どもと会えない親たち」を知り、その方たちの話を聞いて、彼らが大変自殺リスクが高く法制度を是正することで命が救える可能性があることがわかりこの問題に着手することを決めます。

202331

「特定非営利活動法人アートで社会問題を解決する会キミト」法人化

彼らが求める「共同親権」は父母が離婚しても子どもたちが両方の親を自由に行き来できる諸外国では当たり前の法制度で素晴らしいと誰もが思うものにも関わらず強固に反対するNPOがあることに驚き、共同親権側にも同じようなNPOが必要と考え東京都に申請し半年後「認証」を得ることができました。

20225月~202311

※『共同親権の必要性』がわかる陳情冊子(画像)を独自で作成

「国会議員(ほぼ)全員陳情」×2回

法務省の法制審議会で「共同親権導入」を議論をした後、閣法で成立する予定であることから、諸外国同様の「共同親権」になるよう、国会議員への活発な反対派の陳情活動で「共同親権の必要性」が打ち消されることのないよう、NPOキミトも国会議員への陳情活動を開始。

直接話をした国会議員38

(自民党14/公明党1/立憲7/維新8/国民6/N2人)

回った事務所

1回(2023/5/22~6/16)約700

2回(2023/8/2211/18)約600



 

※並行して「東京都の地方議員への陳情活動」実施

30

墨田区11/港区3/中央区1/渋谷区1/中野区1/目黒区1/江東区4/文京区1/中央区1/杉並区1/西東京市1/江戸川区1/世田谷区1/千代田区1/品川区1


「共同親権の必要性」

~なぜ実子誘拐被害があるのか?~

https://kimito2525.sakura.ne.jp/book/


2023月12月

「共同親権推進」から「実子誘拐撲滅アクション」へと活動の方向性を変え、政治への訴求から自分たちの手で被害の撲滅を直接的に目指す。

 

<実子誘拐撲滅アクション>

 

2023/12/4~12/22

「実子誘拐指南する離婚講座の撲滅アクション」

~全国1200の全ての自治体へ「子ども連れ去りは犯罪です」一斉郵送~

郵送した文書は以下の4つです。

①世田谷区男女共同参画課が実施した女性限定の「離婚講座」で子ども連れ去り指南が講師の弁護士よりされたことを伝え「同意のない連れ去りは刑法224条未成年者略取誘拐罪に問われる可能性があり、昨年9月には起訴猶予が出ている。主催する離婚講座などでこうしたことがないようお願いする」主旨の文書

②「子ども連れ去り」に関するアンケート調査票

③「DV等支援措置によりDV加害者に仕立て上げられ子どもの居所秘匿され苦しんでいる被害者がいる事実を伝え、適切な運用をお願いする」主旨の文書

④「実子誘拐指南撲滅チラシ」(画像参照)

 


「実子誘拐被害の実態調査」

2024/1/3~1/21

日本で初めての「実子誘拐被害の実態調査」です。

国際的にも批判されているこの問題の深刻さを数値で表し社会に理解してもらうための調査。問数42(任意1設問含む)

 

こちらを冊子にし、デジタルブックにもしました。

「2024年実子誘拐被害調査報告書」

https://kimito2525.sakura.ne.jp/report2024/

また、こちらの「2024年実子誘拐被害調査報告書」が3月20日、毎日放送の関西ローカルで報道されました。


報道の内容はYouTubeでご覧になれます。

https://youtu.be/Qg_9_RXHpR8?si=vrLbxXz-7I82KOD2



2024月2日~2月12日

「実子誘拐被害者の声」を国会議員全員に届ける署名活動

https://voice.charity/events/676








「実子誘拐被害の実態を知るシンポジウム」

2022年2月27日/国会議員第2議員会館(16:00~18:00)にて実施



弁護士の金﨑先生、国会議員の先生たちからお力を頂きました。



2024年3月2日~4月5日

主要5党の代表にお手渡しする!

「共同親権の民法改正に実子誘拐被害防止の3つの条文を!」署名活動

https://voice.charity/events/696



たくさんの熱い想いを自民党、公明党、立憲民主党、維新の会、国民民主党の代表に要望書と署名のお手渡しをしています。


日本維新の会 馬場代表代理の中司宏議員


公明党は本部の指示により山口代表宛に郵送


自民党 岸田代表の代理の牧原秀樹議員


国民民主党へは国民民主党の指示通りに本部へ郵送いたしました。

立憲民主党は泉代表の事務所の指示通りに牧山ひろえ議員にお手渡しが4月5日に済みました。


2024年4月1日~15日

「家裁の実態調査」実施


世の中に家裁が「親子を会わせない」ことを知らせるために実子誘拐被害者さんたちからエピソードを募りました。

調査結果はこちらからダウンロードできます。

https://kimito2525.sakura.ne.jp/kasai_202404.pdf



2024年4月2日より

民法改正(「共同親権」導入)国会審議スタート!


「共同親権を求める国会傍聴チーム」結成


左から

古賀礼子(弁護士)

森めぐみ(NPOキミト)

杉山程彦(弁護士)

西牟田靖(ルポライター)


このメンバーで4月2.3.5.9.10.12.16の全7回すべてを傍聴席から見守りました。


"すごい!実子誘拐被害者の声が国会に届いた!”

4月5日の国会で、三谷英弘議員(自民党)と米山隆一議員(立憲)のそれぞれの質疑に対して法務省が答弁で「無断で子どもの居所を変え、一切交流させない行為はDVになり得る」と明言しました。


(制作者の別居親さんより使用許可あり)


つまり、「実子誘拐はDVだ」が国会で認められました。

署名活動を通じて国会議員全員に届けた実子誘拐被害者の声が国会に届きました。



悲しいこともありました。

立憲民主党の寺田学議員ら法務委員より私たちが使用している言葉「子どもの連れ去り」と「虚偽DV」が「一方的」で「攻撃的」だ言われたことです。

例え、自民党と日本維新の会に対する発言だとしても同様のことをしている私たちも同じように捉えられてしまいます。

国会を通じて私たちのネガティブなイメージを国会を通じて流布されたことを問題としてキミトは以下の「質問書」を上述の法務委員及び他の法務委員たちと立憲民主党の泉健太代表および牧山ひろえ議員に送りました。


その後、回答期限までに返事がなかったため、立憲民主党の泉代表宛てに「要望書」を送ることにしました。


憲法51条で国会議員は「国会内でした発言は国会外で問われない」免責特権が与えられていますが、だからと言って国民にダメージを与えそのままにしておくことではありません。

立憲民主党には誠意ある対応を期待します。



法案が、4月16日衆議院を通過し参議院に審議の場が移りました。


"すごい!2つも成果が実る!"

4月16日の参議院の本会議で飛び上がりそうなうれしいことがありました。


川合孝典議員(国民民主党)

「こども家庭庁の今年度予算にある、養育費の確保をした弁護士への成功報酬は他国が不当に離婚を増やす公序良俗に反するとして規制又は禁止にしていることであり、それを国が補助するのはどういうことか?」

キミトが国会議員全員に届けた以下の内容と同じことが質疑されました。



清水貴之議員(日本維新の会)

「DV被害者は女性だけではない男性もだ。しかし、DV防止法の前文には被害者のほとんどは女性とされている。この前文は是正すべきでは?」

キミトが2023年から陳情冊子を国会議員全員陳情を通して国会議員事務所に手渡して回った中の一つです。


しっかり伝えれば被害者の想いは必ず届きます。


2024年4月21日~

森めぐみ🍋スペース!を試しに始めてみました。


実子誘拐被害者の声を届ける新しいツールになるか?

被害者の皆さんと試してみます。


引き続き、キミトは実子誘拐被害者の声を通してこの国に実際にある「実子誘拐被害」を政治に社会に届けていきます。


一方で、森めぐみ一人で約500人の実子誘拐被害者さんを支援するのは限界があります。

キミトはこの事業を国に移管することを求めています。


「共同親権導入」が衆議院で「可決」参議院へ!

いよいよ参議院へ審議は移行しこれが終われば「成立」です。

衆議院同様に参議院も委員会から本会議まですべて傍聴




午前10時から休憩を1時間ほど挟んで午後5時まで6時間鉛筆を走らせ指が痛くなりましたが、実際の審議をこの目でこの耳で聞き被害者のみなさんに「すごい!今日スペースで伝えよう!」と心弾むことが多く思い出に残る審議になりました。

無事に5月17日(金)参議院本会議で「成立」

その時の記念の写真です。


「子育て改革のための共同親権プロジェクト」の松村さんと。



西牟田さん/森めぐみ/松村さん/大橋さん/古賀礼子弁護士

「2年以内の施行」までにまだまだ課題はありますが、一旦はここを区切りにして、ここまで尽力下さった国会議員の皆さんへ「ありがとう」の気持ちを届ける「感謝状の署名活動」を5月19日に以下のようにスタート!



詳細>>>

Voice「祝「共同親権導入」に力をくださった国会議員の方々へありがとう!の「感謝状」をお手渡しする署名活動」

【署名サイトVoice】祝「共同親権導入」に力をくださった国会議員の方々へありがとう!の「感謝状」をお手渡しする署名活動 - オンライン署名&クラウドファンディング | Voice -日本の署名活動を変えるサイト


(抜粋)

<参考>

キミトが選ぶ!国会議員~

・自民党
柴山昌彦議員、牧原秀樹議員、三谷英弘議員、谷川とむ議員、山田美樹議員、笹川博義議員

・公明党
大口善徳議員、伊藤孝江議員、石川博崇議員

立憲民主党
海江田万里議員、川田龍平議員

・日本維新の会
梅村みずほ議員、串田誠一議員、池下卓議員、清水貴之議員、音喜多駿議員、石井苗子議員、市村浩一郎議員、美延映夫議員

・国民民主党
川合孝典議員

・教育無償化を実現する会
嘉田由紀子議員、斎藤アレックス議員

・NHKから国民を守る党
浜田聡議員

・無所属
松原仁議員、鈴木宗男議員

新しい「親子の絆を大事にするハートフル活動」(仮名)をスタートするにあたりノベルティで試しに「キラキラ✨キミトシール」作成しました。

これをどんな風に使おうか?考え中です



2024年5月24日「共同親権導入」民法改正/公布

しっかり公布がされました。

そのことが記載された「官報」を購入し古賀礼子弁護士と記念撮影。


子どもの大事な権利を保障する法律がやっとできました。

私たち大人が子どもをしっかり守る!この意識を社会に根付かせ安心できる環境で子どもたちには伸び伸びとたくましく育って欲しいと願っています。

(2024年5月24日現在)

子どもと会えない親の心の傾聴支援(無料)


電話で、離婚(別居)で子どもと会えなくなった親の方のつらいお気持ちを聞かせていただく傾聴をしています。


日本は諸外国と違い離婚後の親権が一方のみとなる「単独親権」のためもあり、片方の親が子どもと会えなくなる会いにくくなるケースが多く、周囲には「あなたに何かよくない面があったからでは?」などなかなか理解がされにくい現状があります。


裁判所、調査官、警察、行政、子どもの通う学校や園から手厳しい扱いをされる方もいます。


「特定非営利活動法人アートで社会問題を解決する会キミト」(略称「NPOキミト」)は、2022年8月20日に活動を始めてから2024年3月末までに134人の「子どもに会えなくなった親」の方の声に耳を傾けて来ました。


あなたの心の重荷を解放し委ねてみませんか?

深い理解がされることで落ち着きほっとできるかもしれません。


【注意事項】

1)法的なアドバイスをしたり弁護士を紹介するなどはいたしません。

経緯や今のお気持ちに耳を傾けます。

2)個人を特定できない範囲で経緯や背景はお話しください。

お聞きした内容はNPOキミトの活動、例えば国に法制度の是正を促したり研究発表の際に使用をする以外は他言はいたしません。



【実施日時】平日19:00~01:00


【申し込み方法】

予約制になります。


「電話傾聴希望」とし


・氏名(仮名等匿名で構いません)

・希望日時(平日19:00~01:00)


を以下のいずれかにお送りください。

調整後、日時を正式に決定いたします。


電話番号を教えても大丈夫な方はご負担がないようにこちらお掛けします。

電話番号を知られたくない方はこちらの電話番号をお教えしますので「184」を頭に入れお掛けください。


【申し込み先】

infokimito@gmail.com

または

森めぐみTwitter(@Megumi88Mori)のDM


必ず上記の【注意事項】2点を必ずお読みの上ご了承の上でお申し込みください。


カンパ支援のお願い

特定非営利活動法人アートで社会問題を解決する会キミト(略称「NPOキミト」)は、活動に賛同される方からのカンパを募っています。


日本は年間20万人近くの子どもたちが親の離婚を経験しそのうちの7割(※)が片方の親に会えなくなります。

※厚生労働省「2016年度全国ひとり親世帯等調査」の結果より計算

この親子が会えなくなる問題は日本の大きな社会問題であり社会がもたらした被害だと私たちは考えます。子どもと会えなくなった多くの親は苦しんでいます。中には自らの命を絶つことも少なくはありません。

家庭裁判所は同居親の意向に添うばかりで別居親の事実に基づく主張に耳を貸しません。面会交流は子どもは月に1回2~3時間会えれば十分と考えており、手紙を送るだけ、写真が送られるだけ、これらを「面会交流」と呼び親子を引き離します。


警察と検察は、子どもを連れ去った親を逮捕起訴しませんが、連れ去るような親の元にいる子どもを心配して連れ戻そうとする親を逮捕起訴します。ちなみに、諸外国は、連れ去った親を逮捕起訴します。


学校や園は、別居中の親権があるにもかかわらず、同居親が嫌がるからと別居親が子どもの行事参加を拒否します。


まだまだ様々な場面で人権侵害と言える阻害を受け別居親の父母は自殺をするに至ります。


独自調査で96%が自殺を考えたことがあり、国は早急にこの問題に対処すべきですが残念ながら未だ改善される見通しがありません。

NPOキミトはこうした社会的被害者である親たちの支援をするための活動をしています。

「共同親権の必要性」を伝える活動や「実子誘拐撲滅」の活動などです。

こうした活動に賛同し応援したいという方たちからのカンパ支援を募っています。


<主な活動費>

交通費/会場費/印刷費/書籍代/郵送料

※平均月3~4万円の活動費


○注意事項

~必ずお読み下さい~


1)NPOキミトの活動にご賛同頂いた上でお願いいたします。


2)寄付金控除等は受けられません。

寄付金控除等の税制上の控除が受けられるのは、認定NPOに寄付をした場合です。NPOキミトは設立が間もないため認定を受ける要件(設立1年以上経過など)を満たしていないため寄付金控除等は受けられません。


3)領収書発行について

発送業務費用の削減のため、できましたらご自身の通帳等の振込記録でご対応頂きたくよろしくお願いいたします。


4)その他

不明な点などないようご質問は以下のメールまでお願いいたします。

連絡先

infokimito@gmail.com


上記の内容にご了承頂いた上でカンパをお願いいたします。

*********************


PayPay銀行

支店/ビジネス営業部(005)

種別/普通

口座/6789651

名義/トクヒ)アートデシャカイモンダイヲカイケツスルカイキミト


※金融機関によっては「ヲ」や「ャ」が使用できません。

その場合は

「ヲ」→「オ」

「ャ」→「ヤ」

に変えてご対応下さいませ。

*********************

特定非営利活動法人アートで社会問題を解決する会キミト

代表 森めぐみ

特定非営利活動法人アートで社会問題を解決する会キミト

代表 森めぐみ ___ Twitter

○プロフィール

1973年新潟県生まれ

早稲田大学第一文学部哲学科社会学専修卒業後、大学受験予備校国語科(現古漢文小論)講師を3年、社長秘書として経営企画を8年勤めあげる。結婚出産離婚を経て、1歳の娘と母子生活支援施設で4年間生活、その間、18歳未満の子どもの母親の心を癒す「子育て支援団体」の代表として世田谷区と東京ボランティアセンターからの助成金で「ママにっこりセラピー」事業を行う。


* 行き過ぎたフェミニズムが社会を歪めているのでは?

大学では、日本の自殺の特徴を人口動態データを用いながら研究。その際、男性の自殺率が女性の2倍であることから「男性の生きづらさ」に注目。目にするのは女性優遇システムばかりで大学内でも「女子=弱者」である主張に溢れ男性が発言しにくい風潮を感じる。よく世間で言われる男尊女卑はどこに?確かに女性は生理や妊娠出産など男性に比べ社会的地位の確立がしにくい。しかし、フェニミスト団体が訴えるほど自分たち女性は社会に不満はないのではないか?甘やかしが女性に必要な課題すら取り除きたくましさを失わせるのではないか?と疑問を持つ。行き過ぎたフェニミズムによる「女性優遇に偏った」日本の男女共同参画を是正する活動に着手中。例えば、区の「DV相談マニュアル」で男女によって対応に大きな差があり男性がケアされ難い不平等解消に向け区議に働き掛ける、また、証拠なきまま言いなりで居所秘匿でき裁判等でDVの事実なしとなっても解除できるのは掛けた方のみという「DV支援措置の欠陥の是正」を国会議員や内閣府にロビーするなど。


○私と娘の実体験から母娘の2人で「共親親権」を訴える活動をしています。

両親が別居や離婚をしても子どもはパパママに普通に会える「子どもの最善の利益を大切にする社会」を目指し子どもと会えなくなった親がそれを苦に自殺しないように、国会議員や地方議員にお話しを聞いてもらっています。


<連絡先>

080-5077-4004

infokimito@gmail.com

080-5077-4004

当団体について(活動・事業内容)

特定非営利活動法人アートで社会問題を解決する会キミト


事務所

104-0061

東京都中央区銀座一丁目22番11号 銀座大竹ビジデンス 2階

080-5077-4004

infokimito@gmail.com


〈第1期〉2022~2025年

テーマ「子ども家庭問題」

別居離婚で生じる子どもと親らのつらさを解消し日本の幸せな家族形成に資することを目的にした団体


○背景

3組に1組が離婚する今、両親の離婚で親子が断絶するケースが増えています。

子どもの心と親の心のケアが必要とされていますが、行政や法制度がまだ行き届かない現状です。

○手段・目的

そこで私たちは、別居離婚後の親子を繋ぎ続け、断絶により傷ついた心のケアをし、断絶のないよう支援することで、日本の「子ども家庭」に資することを目的に活動をスタートしました。


※私たちの「アート」とは「心に響くもの」を意味する



2022年度/2023年度【事業内容】

(1)会えない家族を声で繋げる事業

(2)親と子のカラーセラピー事業

(3)親の心ケアホットライン事業

(4)「子連れ去り被害者」自殺防止事業

(5)ひとり親家庭の不登校児童のためのフリースクール事業

(6)子どもにとって幸せな養育環境についてのドキュメンタリー動画制作事業

(7)その他目的を達成するために必要な事業


○定款/役員名簿/事業報告書

東京都のNPO法人の情報サイトをご覧ください

なお、令和4年度「事業報告書」は法人設立が3/1のため3月末までの1ヶ月間のみです。

https://www.seikatubunka.metro.tokyo.lg.jp/houjin/npo_houjin/list/ledger/0014240.html

情報公開(事業報告書類)

特定非営利活動法人アートで社会問題を解決する解決キミト

令和5年度の事業報告書類は以下の通りです

①事業報告書

②活動計算書

③貸借対照表

④役員名簿

その他、定款及び過去の報告書類は以下のURL先の「東京都のNPO情報」をご覧下さい

https://www.seikatubunka.metro.tokyo.lg.jp/houjin/npo_houjin/list/ledger/0014240.html


Report the site

コピーしました